BPM型Webデータベース
ひびき®Sm@rtDBコンセプト

  • ひびき®Sm@rtDBは『全社共通の業務』から『現場のローカルな業務』までの幅広いシステム化ニーズに対応する、アプリケーション基盤です。開発・管理・利用を業務の現場で推進することにより個別バラバラに導入されがちな現場系アプリケーションを集約しビジネスニーズに迅速かつ柔軟に対応する事ができます。

『利用はローカル、管理はセントラル』が"利便性と統制"を両立するカギ

ひびき(R)Sm@rtDBは、事業部門ごとに個別ニーズの高い現場系アプリケーション(ワークフロー・業務テンプレート・ノーツ移行・文書管理)とプットフォームの土台を担う開発・運用機能を包括

「開発」「利用」「管理」のハイブリッドが、システム化の敷居を下げる

IT初級者でもアプリケーションを作れる『ノンプログラミング開発フレームワーク』と、より複雑なアプリケーションを構築する『アドオン・連携開発フレームワーク』。簡単なアプリケーションは現場がつくり、複雑な部分やより高度なアプリケーションはIT部門が作るなど、役割を分けることで幅広くシステム化に対応する事ができます。

ノンプログラミング開発で、ビジネスユーザも簡単開発リッチで便利な標準機能とインタフェースを備えた業務アプリケーション高い利便性と厳密な管理統制を両立“安全な”エンドユーザ開発を可能にするノンプログラミング開発フレームワークフォーム設計(入力画面)ビュー設計(閲覧画面)/フロー設計(ワークフロー)

全社で業務プラットフォームを共有し『個別予算獲得』の悩みから解放

予算化の日の目を見ないアナログ業務群

契約書管理、経費精算、稟議書管理、問合せ管理、営業報告、提案書管理・・・等、現場には業務改善のための様々なシステム化やリプレイスニーズが散在しています。しかし、都度、予算審議をクリアし、IT部門がパッケージを選び、あるいはスクラッチで開発するなど個別検討され全社的・中長期的に見ると改善機会を逸し、また重複、コスト高を生んでいます。

潜在ニーズを『柔軟な権限委譲のしくみ』と『簡易化された開発フレームワーク』によって網羅する
業務共通プラットフォームが予算化の敷居を下げる

これらのシステム化ニーズを業務共通プラットフォーム上に構築することで、システム化の敷居は格段に下がります。適切な権限委譲を受けた事業部門は、オンデマンドで仮想的なシステムリソースを確保し、Webブラウザ上で簡単に構築し、すぐ使い始めることが可能になります。


選ばれる理由